スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

鬼


は~い
妖怪博士の時間です。
今回は福岡筑後の無形民俗文化財

「盆綱曳き」
http://www.chikugo.or.jp/iv/iv0010.htm

を題材に鬼を描きました。

筑後の「盆綱曳き」は久富区熊野神社という
神社で行われる100年以上も続く行事で内容は
小学生がススで全身を真っ黒に塗り黒鬼になり、
長さ20メートル、直径30センチの大綱を持って
「ワッショイ」「ワッショイ」と地区内を駆け回るというものです。

さて、この行事、神道思想ではなく仏教思想の意味を持ち
餓鬼道に落ちた人たちをお盆の間だけでも綱で引き上げて
その苦しみから解き放つ意味がこめられています。

つまり、この場合の綱引きの綱は力比べのものでなく
霊の乗り物としての意味を持ちます。
(なお、この発想は北部九州特有のもののようです。)

また、黒鬼の役割をになう子供は年齢制限があり
12~13歳の子供とされていました。
(現在は、少子化であまり規制はなくなってると思います)
その理由は、昔この地が飢饉のときに
この年頃の子供が多く亡くなったからという理由だそうです。

この行事に込められた、飢饉の悲劇というメッセージと
黒鬼の衣装の面白さに惹かれて今回の鬼を描きました。

というわけで、今回は鬼の存在は悪としてではなく
餓鬼道に落ちた人たちを綱で引き上げ救うという
善の性質をもっています。
鬼の表現の多方面さを現す一例ですね。

ではでは、お粗末さまでした♪
これにて、妖怪講座を終わります~♪
また、次回



えっ、行事は黒鬼のはずなのに
イラストは、なんで赤鬼なのかって……。
ごめん…技術的に黒の表現って自分の技量では難しくてね。
いろいろ、試行錯誤してるうちに赤色になってしまいました(汗)
スポンサーサイト
Comment : 7
TrackBack : 0
Category : 雑記 |

気がつくと10月という現実。

Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 雑記 |

リンク追加。

は~い。
お久しぶりです。

パソコンがウイルスにやられ、ブラウン管モニターも壊れ。
フランスに出展し金がないのに、さらに神様は追い討ちをかけてくれました。

私の守護神は貧乏神の妖怪博士です。


いかんいかん。
本題にもどります。
ホームページの方のリンクに二点リンクが追加させていただきましたのでご報告です。

幻妖商会…ハイレベルなモンスター造形作家さん
木の実のまま…かわいい木の実の人形作家さん
 

ご縁をありがとうございます。
すさまじくイイ加減な管理人なのですが
よろしくお願いいたします。

しかし、ホームページの方は管理がめんどくさくなってきました。
ブログのほうに、情報を移動させていこうかな~。
Comment : 1
TrackBack : 0
Category : 雑記 |

妖怪『たぬき』

たぬき

は~~い
妖怪解説の時間です。
今回は、腹づつみを打つタヌキを描いてみました。
ぽんぽこぽんぽこ♪

さて、狸(たぬき)は狐(きつね)とならんで
日本では化ける妖怪の代表です。
日本の昔話では必ず一つ村人が狐や狸に騙される話がありますよね。

しかし狐と狸。
混合されがちですが、実は化ける性質がちょっと違うのです。
簡単になとめますと、以下のようになります。

■狐は、人間に化けるのが得意であり、主に女性に化ける。

■狸は、化けるのが得意でないかわりに化けれるバリエーションが実に豊富。
  (人間のほかにも置物や建物、妖怪、他の動物など)

そしてタヌキに特徴的なのが、金属製の物質に変化することが出来るということなのです。
(文ぶく茶釜という民話はタヌキが鉄瓶に化けますよね)
これは、狸は金属の精霊という性質をもつことを意味します。
これは珍しい性質です。
なぜなら民俗学の中では西東とわず妖精や精霊は金属を嫌うという性質をもつからです。

タヌキは、なぜそのような性質を持つにいたったのでしょう?
その由来は、タヌキの皮を使って「金」を磨くとよく伸び輝くとされ
金細工にタヌキの皮をつかわれていたからとされています。

その伝承を引き継いでいるのが、
今の信楽焼きのタヌキの置物です。
タヌキの「ふぐり」が大きくたれ下がっていますよね?
あれは、金運を招く意味をこめて大きく作っているのです。
「金玉」とはよく言ったものです。


ちなみに、このイラストの「ふぐり」も
しっかり、黄金に輝かせております
金運がありますように~。

なんとなく、落ちのついたところで解説を終わります~。
さよなら
さよなら
Comment : 5
TrackBack : 0
Category : 妖怪画 |

フランスの国際公募展「ル・サロン」の結果

20090721.jpg

フランスの国際公募展「ル・サロン」の結果の封筒が届いていました。
この前、妖怪画を送ってみていたのです。

正直、CG作品なので絵画の世界では受け入れてもらうこと自体
難しいだろうと考えていたのですが
封を切ってみますと、、、、

 「入選」していました。 

ふるえました。
そして、興奮から落ち着くために
公園で缶コーヒー飲んでました。

なんか、変なモードに入って
夜空の月を見上げながら
槇原敬之の「遠く遠く」なんか口ずさんでましたよ。
http://www.youtube.com/watch?v=503n5UGrCaw

ようやく、ここまで来れた。


ところで入選報告の書類の下に

輸送搬入手数料95000円
と書かれてますけど…
ひいいいいいいぃ!!!!!!
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 絵日記 |

くりおみくじ


プロフィール

電波

Author:電波
妖怪を愛してやまない
イラストレーターの手記。
http://kowai.xxxxxxxx.jp/


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © 妖怪博士の日記 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。